中小企業はロボット技術に仕事を奪われてしまうのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図1

2017年1月、東京ビッグサイトで第1回、ロボデックスという展示会が行われました。この展示会は、産業用・サービスロボット、ロボットの開発技術、AI技術などを駆使した最新ロボットの展示会です

最新のロボットの動きはすごく複雑で、細かい動きができます。今まで人の手でなければできなかった複雑な動きも、ロボットが行えるようになっています。実際、展示会では今まで人の手で行っていた、電子部品の組み立てをデモンストレーションしていました。ここまでくると、量産品の生産はすべてロボットが行うというのも既に現実的な話です。

中小企業はロボット技術に仕事を奪われてしまうのか?

ロボットは24時間働き続けられます。病気、ケガ、労使関係のトラブル、ヒューマンエラー、残業代、手抜きなどの心配もありません。半導体分野の専門家にロボット技術について聞くと、理想の工場は、製造工程がすべてオートメーション化し、人間が製造工程に入らないことだと言っています。なぜなら、人間が関わることによって起きている問題の方が多いからだそうです。

一方で、ロボットの導入コストははまだまだ高いです。ですから、単価の高い量産品であれば、ロボットの導入が有利となります。こうなってくると、ロボットを投資できる、資本力のある企業が圧倒的に有利になります。これでは中小企業が同じ土俵で勝負することはできません。

では、中小企業はどうすればよいのでしょうか?

ここ数年、よく言われているは少量多品種の生産です。実際、中小の製造・加工業は少量多品種生産化を進めることで成功している企業がいます。しかし、少し長い目でみるとそれも
通用しなくなるかもしれません。なぜなら、ロボットの単価が下がり、コストが合えば
少量多品種生産も対応できるようになってしまうからです。

そこで、私が考える中小企業が力を入れるべきことは、「コンサルティング力」です。ここで言うコンサルティング力とは、コンサル業をやりましょう、という事ではりません。まず前提として、下請けのメンタリティである、発注元が言うとおりに作るだけという考え方を捨てることです。そして、相手のビジネスの全体像のどこに自分たちの製品が関わり、本当に発注者にとって最適な仕様はどういうものなのか?適切な管理方法はどのようなものなのか?一緒に考えらえる能力をつけることです。

では、なぜコンサルティング力なのでしょうか?

それは大手企業に共通する、ある共通する問題があるからです。

これは特に大手企業の下請けや、商品を販売している中小企業にとって知っておくべきことです。なぜなら、それを知っておくことで新たなビジネスチャンスとなるからです。

その理由とは大企業は現場を知らない社員が増えているからです。

例えば、製造現場です。昔は時間をかけて現場経験をしてから
マネジメント職になりました。しかし最近では、現場経験にあまり時間をかけなくなっています。さらに、昔に比べて、細かい事務的な仕事がとても多くなっています。それだけではありません。日本の企業は3~5年で異動があります。

これでは、なかなか深い専門知識を身につけることができません。実際、私も製造現場に訪問し、それを感じることがあります。ベテランの現場作業員が、最も知識があるのですが、決定権がありません。一方、管理職候補の現場のエンジニアは、学術論はしっかりしていますが、現場の経験と知恵が不足しています。だから、予期していなかった事態への対応も上手くできません。

ここに中小企業にとってのチャンスがあるのです。なぜなら、私たち中小企業はその分野の専門家を何年もやってきています。人事異動もほとんどありません。

お客さんである大手企業の社員よりもよっぽど詳しいはずです。あなたの経験と知恵は
彼らの役に立ちます。だからコンサルティング力をつけてあなたの知識と経験に価値があることを分からせるのです。そして、中小企業の専門分野に特化したコンサルティング力に頼らなければ、仕事ができないように仕向けていくのです。

そうすれば、他社と違ったポジショニングをとることができ、価格競争から逃れることができます。つまり、これからの製造・加工分野の中小企業は物の提供だけでなく、コンサルティング力というサービスを組み合わせて、付加価値を高めていくことなのです。それによって、もっとビジネスしやすくなるはずです。

どうやったらコンサルティング力をつけられるのか?

もちろん簡単にできることではありません。ですから、長期的な戦略として、どうしたらそうなれるのか考え続けるべき課題です。

こちらは当社が日本国内代理店をしておりますTecnatom社のロボット超音波検査装置です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【会員限定無料コンテンツ】中小企業が海外で成功するためのロードマップ

会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・いつか海外展開したい!
・海外展開がなかなか上手くいかない
・具体的なステップがわからない
・JETROに相談してみたけど売り方がわからない...


そんな悩みを持つ、経営者、海外事業の担当者のために役立つメルマガをお届けしています。

【期間限定プレゼント】8月31日までにご登録いただいた方に
特別限定で無料でお届けします。


図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*