該非判定とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9d02e76149b68fa428649984fb7e165d_s

自社の製品を輸出するときに通関業者から、「該非判定書が必要となります」と言われる事があります。
あるいは貿易商社から該非判定書を求められることがあります。
これはあなたが輸出している貨物や、提供しようとしている技術が輸出規制に該当しないことを証明する書類です。

該非判定とは?

少し専門的に説明すると、
「あなたが輸出しようとしている貨物、または提供しようとする技術が、輸出貿易管理令または、外国為替令別表に揚げられている貨物、または技術に該当するかどうかを判定することを該非判定と言います。
その結果を記載したものが該非判定書です。
非該当証明書とも呼ばれています。

該非判定書は、パラメーターシートと呼ばれることもあります。

もし、輸出しようとする貨物(製品)や技術等が規制に該当する場合には、経済産業大臣の輸出許可や役務取引許可等が必要になります。

該非判定の責任は輸出者にあります。
まずは、該非判定の判断は製造者してみることをおすすめします。
なぜならば、製造者はその製品の特性や技術など把握しているからです。
ただし、製造者が提供した該非判定書が間違っていても、
法的な拘束力はありません。
輸出者が作成したものだけが正式な判定書と認識されますので、
ここは十分な注意が必要です。

一方で、あなたが製造者の場合は、自社で該非判定をして証明書を発行する必要があります。
ですから輸出の間際になって慌てないよう、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

該非判定書には、項目別対比表またはパラメータシートを使います。
項目別対比表パラメータシートは貨物が輸出令別表第1に該当するか否かを判定するためのワークシートのようなものなのです。

これらの書類は、通関手続きで、該当非該当を示すために一般的に用いられています。
一般的に、該非判定書というときは項目別対比表又はパラメータシートを指します。
ただし、集積回路に限っては『公表リスト』を該非判定書と呼ばれています。

詳しくは、一般財団法人 安全保障貿易情報センター のホームページで詳しく説明させています。
ぜひそちらのページを参考にされると良いでしょう。
動画で詳しい解説を聞くことができます。

一般財団法人 安全保障貿易情報センター 該非判定の基礎解説

該非判定の責任は?

先にも言いましたが、該非判定責任輸出者にあります。
輸出をする前に、必ず製造者へ該非判定について確認をするようにしてください。
それだけでなく、自分たちでも確認するようにしましょう。
なぜなら、最終的な責任は輸出者にあるからです。

ただし、こいう事例もあるので気をつけましょう。

平成6年6月24日の大臣通達「不拡散型輸出管理に対応した輸出関連法規の遵守に関する内部規程の策定又は見直しについて」や
平成15年5月26日の「大量破壊兵器等関連貨物の輸出について」によると、
国内販売であっても、大量破壊兵器等の開発等に結びつく行為に荷担したと判断されるとペナルティが課せられる可能性があります。
輸出されることが明らかであれば直接輸出する場合と同じように慎重な対応を取る必要があります。

もし、機微度の高い貨物であれば需要者や用途を確認するようにしましょう。
あるいは、せめて該非判定書を輸出者に提供することをお勧めします。

最後に

該非判定は一度調べれば済むことです。
何があっても規制は守らなくてはいけません。
知らなかった、というのは通用しません。

そのような事が起きないよう、
事前に調べておきましょう。
もし分からない場合は、専門家に相談をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料】海外展開で成功するための7つのステップ

会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


海外ビジネスに
・いつか挑戦したい!
・やってみたけとなかなか成果が出ない...
・こんなはずじゃなかった...
という経営者。

中小企業の
・海外営業部担当者
・海外マーケティング担当者
・社長の右腕 etc...

このような経営者のためのコンテンツとなっております。

メールアドレスを登録いただくと、翌日から7回にわたって海外ビジネスの7つの秘訣をお届けします。

机上の空論ではなく、筆者の経験に基づいたコンテンツを提供しています。

【期間限定プレゼント】5月30日までにご登録いただいた方に
特別限定で無料でお届けします。


図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*