海外展開を成功するために重要なスピード感

投稿日:

最終更新日:

海外事業部の体制づくり

21731ad65f5a1c5459f56a17e58eb544_s

以前、あるクライアントに海外の販売店向けの資料についてアドバイスをしたときの話です。この会社はこれから海外へ販路を開拓していこうとしているところです。ですから、海外の販売店向けに英文の資料作成は初めてです。

クライアントから資料を作成したら一度内容を確認してほしいと言われていました。
しかし、なかなか資料が送られてきません。データを整理するだけの簡単な資料ですが、既に1週間経過しています。さらに販売店から資料のリクエストがあってから既に10日以上経過しています。

そこで、クライアントに連絡してみました。

すると…
「会議を開いて社長の意見を聞いてから作成をしたいのですが、社長が忙しくてなかなか時間がとれないんです」

つまり10日間何も進んでいなかったことになります。

信じられないようなことですが、はじめて海外にチャレンジする社長にありがちな失敗なのです。では、その理由について説明します。

はじめての海外チャレンジではわからないことがたくさん出てきます。そうすると社長は心配になります。次第に普段は社員の判断に任せているような小さな事まで気になり始めます。そして、すべて自分が判断し、社員に細かいところまで指示を出したくなってしまいます。

その結果、社員は自分で考えずにすべて社長に判断を仰ぐようになります。
社長が忙しくなると今回のようにどんどん遅れが生じてしますのです。

つまり、原因は社長がつくっているのです。

そして、このような遅れによってビジネスチャンスを逃してしまうのです。

このようにならないために、社長は方針を決めたら社員にどんどん任せるべきです。
はじめは失敗にイライラすることもあると思います。
そこを我慢してビジネスのスピード感を下げないようにすることです。

よく海外の経営者に日本企業の欠点について聞くと必ずこう言います。
「日本の企業はレスポンスが遅い」
あまり簡単なことで時間をかけていると、相手はイライラしてきます。
そして彼らの関心は薄れていき、他のサプライヤーと話を進めてしまうこともあります。

海外展開で成功したいならスピードを上げろ!

ビジネスの規模が小さいうちはリスクも小さいです。社長は社員に仕事を任せて、どんどん先に進めていきましょう。そして、できれば専門のコンサルタントを使いましょう。そうすれば社長の心配が減り、スピード感がアップします。このクライアントも今ではスピード感ある対応ができるようになっています。

海外展開で成功したいのであれば、スピード感を意識しましょう。

執筆者プロフィール

kaigaimarketing

中小企業の海外販路開拓の専門家。『日本の技術を支える中小企業に海外で活躍してほしい』を理念に海外に進出したい中小企業のサポートに力を入れている。これまでに東南アジア、ヨーロッパ、中東など47ヶ国で販路開拓の実績がある。全く海外販売実績のない企業も対象とし、状況や要望に合わせた施策を提案できる。企画から、販売店探し・交渉・販売店立ち上げ、そして、海外事業部を設立するまでをトータルにサポートしている。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『海外展開を成功するために重要なスピード感』の前後の投稿はこちら▼