海外事業部のための動画活用術⑨ 編集に時間とお金をかけるな

投稿日:

最終更新日:

海外販路の開拓

シリーズでお伝えしております「海外事業部のための動画活用術」今日は9つ目についてお届けしたいと思います。
9つ目は「動画の編集に時間とお金をかけるな」ということについてお話したいと思います。

動画の制作なのですけれども、凝っていけば凝っていくほど時間とお金がかかります。
「時間とお金とはどういうことか」と言いますと、まず編集を細かくしていけば時間が取られます。

従業員がそれに携われば人件費がそこに取られていきます。
あるいは外注でプロにお願いすれば、その分コストがかかってきます。

そういったコストがあまりかかってしまうと、動画がたくさん作れなくなってしまいますので、発信できる情報量が少なくなっていきます。

一方で、編集をしないで一発撮りで撮るのだと、例えば話をしていて噛んでしまっても、私もこうやって話していてかんでしまうことがありますけれど、あえて編集をしないでお届けしています。

なぜなら、多少かんでいても、表現の仕方がちょっと変でも、言い直せば伝わるからそれでいいというふうに考えているからなのです。
それよりも「できるだけたくさんの情報をお伝えしたい」というふうに思っているので、あえて編集をしないでお届けをしています。
実際にこれを編集しだすときりがないのです。

気になるところが1つでもあれば、2つも3つも4つも出てきますので、そうしているうちに作業が進まなくなってしまうわけです。
それでは動画をなかなか活用できませんので、私が強くお勧めする方法は「編集と時間にお金をかけない」ということです。

どうしてもかけたい場合、例えば「ホームページに掲載するような動画を作りたい」とか、あるいは「展示会で流すような動画を作りたい」そういった場合にだけプロにお願いする。というような方法にすれば無駄が出ませんので、ぜひ動画をどんどん使って編集と時間に無駄にお金を使わないで、どんどん必要な情報発信をしていって、ビジネスのスピードを上げていただければと思います。
今日は「動画を活用するうえで、編集に時間とお金を無駄にするな」ということについてお話させていただきました。

執筆者プロフィール

kaigaimarketing

中小企業の海外販路開拓の専門家。『日本の技術を支える中小企業に海外で活躍してほしい』を理念に海外に進出したい中小企業のサポートに力を入れている。これまでに東南アジア、ヨーロッパ、中東など47ヶ国で販路開拓の実績がある。全く海外販売実績のない企業も対象とし、状況や要望に合わせた施策を提案できる。企画から、販売店探し・交渉・販売店立ち上げ、そして、海外事業部を設立するまでをトータルにサポートしている。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『海外事業部のための動画活用術⑨ 編集に時間とお金をかけるな』の前後の投稿はこちら▼