海外事業部のための動画活用術④ 製品の取り扱い方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズでお伝えしております「海外事業部のための動画活用術」今日は4つ目をお届けします。
今日は「製品の取り扱い方法を動画で作成しよう」ということについてお話をしたいと思います。

例えば皆さんも家電製品を買って、分厚い取扱説明書が入っていることがあると思うのですけれども、なかなか全部読もうという気にならないですよね。
私もどちらかというと、そういうものが苦手なのですけれども、例えばそこにYouTubeのリンクがQRコードで読み込めるようになったりしていますけれども、動画で教えてくれるとすごく分かりやすいのです。
これが工業製品であっても、全く同じです。
製品の取り扱い方法を動画で撮影することによって、非常に分かりやすくなります。
例えば、私の経験ですが、あるメーカーさんをお手伝いしたときに、フィリピンのあるユーザーさんが「どうしても現場の方がしっかりメンテナンスをしてくれない」ということがあったのです。
しかも、現地に行っていろいろ調べてみると、一部使い方が間違ったりしていました。
これは何が原因だったのかというと、ちゃんと取扱説明書を読んでいなかったからなのです。
そこでどうしたらいいかということで、同じような問題が、同じお客さまだけではなくて、ほかのユーザー様でも出ないように、製品の取り扱い方法の非常に詳細なものを動画で作りました。
例えば英語で「このネジをここにはめ込んでください」と文字で書いてあるだけではなくて、動画を使うことによって、実際にネジを締めているところを動画で見せてあげれば、英語がいまいち分からなくても、技術者であればすぐに何をしているのか分かるわけです。
そういったものを作るだけで、かなり操作ミスとか、メンテナンスの間違いとか、そういったことを防ぐことができるようになります。
実際に成果も上がっております。
間違った使い方をされてしまうと、あなたの会社の製品も十分なスペックが出なかったり、私の過去にあった事例で言いますと、ちゃんとメンテナンスをしていないがために、製品が悪いというふうに勘違いされてしまったこともあるのです。
そのために現地まで行って直そうとしたら、使い方が間違っていたということがあったのです。
こういうことというのは、動画を作ってしっかり説明することで未然に防ぐことができるようになります。
そんなに難しいことではありません。
何度も編集をしてきれいなビデオを作る必要は全くありませんので、一発撮りで構いません。
製品の取り扱い方法を詳しく説明した動画資料を作っておくようにしましょう。
非常に便利です。ぜひやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警告!これを読む前に「海外進出しよう」なんて考えちゃいけません

 なぜ多くの企業は海外進出がうまくいかないのか?
☑ なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか?
☑ 海外進出で成功するための手順とは…

その答えをレポートにまとめました。

【会員限定無料コンテンツ】中小企業が海外で成功するためのロードマップ

これを特別に無料でプレゼントします。

【期間限定】1月31日までにご登録いただいた方に限ります

図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*