海外事業部のための動画活用術⑪ お客様にインタビューをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズでお伝えしております「海外事業部のための動画活用術」今日は11個目についてお話ししたいと思います。
11個目は「お客さまのインタビューを動画で撮ろう」ということについてお話ししたいと思います。

どんなビジネスもこれは共通することなのですけれども、お客さまは実際に使っているユーザーからお話を聞きたいのです。
皆さんもご経験があると思いますけれども、例えばどこか旅のホテルを予約しようとか、Amazonで何かを購入しようというとき、結構レビューを見られると思うのです。

レビューを載せている理由というのは、レビューを出しておいた方が売れるからなのです。

これは実際、B to Bでも同じことが言えますので、実際のユーザーさんから承認が得られるのであれば、インタビューの動画を作るということを強くお勧めします。
そのインタビューを取るときなのですけれども、必ず聞くべきことがあります。

まず、最初に聞くべきことは、導入のきっかけです。

「どういうきっかけで私たちの商品を検討してくださったのか」ということです。

次に「検討する前は実際どういうことに困っていたのか」そういったことをお聞きします。

そして「実際に導入してどうなったのか」「どんないいことがあったのか」そういったことをお聞きして、具体的に良かったことについて詳しくお伺いします。

最後に、「どんなことで悩んでいるユーザーさんにお勧めですか」です。

そういったことを、ちゃんと定型の質問のパターンを決めて、インタビューを取る。

やはりこうやって定型文がないと、すごくサービス精神旺盛で、一方的にしゃべり続けてしまうお客さまもいます。
「この順番に沿って質問していきますので、ご協力をお願いします」というような形にして、実際にうまくいっているお客さまの事例のインタビューを取らせていただいて、それを販売店ですとか、許可が得られれば実際のユーザーさまにご紹介する。
そういう方法が非常に有効です。

こういった動画をたくさん用意しておくことによって、セールスにもつながりますし、場合によっては、会社のホームページに許可が得られれば掲載させていただくこともできます。実際のユーザーさんが検討しているところに動画を送れば、さらに気持ちが後押しされるというような現象も起きます。

あまり使っている会社が多くなくて、「ちょっともったいないな」というふうに思っているのですけれども、ぜひ、お客さまのインタビューを活用することを強くお勧めいたします。
今日は、「お客さまのインタビューの動画を作ろう」ということについてお話しさせていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警告!これを読む前に「海外進出しよう」なんて考えちゃいけません

 なぜ多くの企業は海外進出がうまくいかないのか?
☑ なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか?
☑ 海外進出で成功するための手順とは…

その答えをレポートにまとめました。

【会員限定無料コンテンツ】中小企業が海外で成功するためのロードマップ

これを特別に無料でプレゼントします。

【期間限定】1月31日までにご登録いただいた方に限ります

図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*