海外事業部のための動画活用術⑩ 撮影はスマホでも十分

投稿日:

最終更新日:

海外販路の開拓

シリーズでお伝えしております「海外事業部のための動画活用術」今日は10個目についてお話ししたいと思います。
10個目は、「撮影はスマホでも十分です」ということについてお話ししたいと思います。

例えば、製品の使い方について説明したいというときに、ホームビデオで撮って、撮ったもののSDカードをパソコンに入れて、パソコンから今度は動画編集をして、というと、どうしても時間がかかってしまうのですね。
もちろん、ビデオで撮った方がきれいに撮れるのですが、どうしてもそのプロセスが加わることによって作業が遅くなってしまうということがあります。

一方で、スマートフォンというのは、おそらく若い方であれば、ほとんどの従業員の方は使いこなすことができます。
実際に動画で撮影したものは、例えば、撮り始めのところでこうやってボタンを押したりしますので、無駄な映像が入ってしまいますね。

あるいはスイッチを切るとき、ビデオを止めるときにも、どうしても無駄なところが入ってしまいます。
でも、簡単に前と後ろを切り取るような編集ソフトがスマートフォンについているのです。

最近のスマートフォンというのは、非常に画質が良くなっていますので、スマートフォンでも十分きれいに撮ることができます。
実際、明るさの問題だけしっかり対応していれば、例えば暗いところでしっかりと明るさがないときれいに映らないということがあります。それはホームビデオでもそんなに変わらないですけれども。
そこさえしっかりと対応しておけば、ある程度きれいなものが作れます。

しかも、誰でも簡単に撮影して、それを記録することができるというのが最大のメリットです。
ですから、例えば、お客さまの方でトラブルがあった場合に、許可が得られれば、販売店、担当者が動画を撮影して、動画を送ってもらうということもわれわれは実際にやっています。これが非常に役に立っています。

もちろん、工場によっては撮影が一切禁止という場合もありますので、その場合にはしっかりと許可が必要です。

あるいは、販売店が使い方が分からないという場合や、何か動きがおかしいとか、そういったとき、動画を使うことによって非常にスピーディーに解決することができます。

その動画撮影も、ビデオで撮るのではなくてスマートフォンで撮ってすぐに送ってもらうことができますので、非常に問題解決のスピードが上がりました。
ですから、動画を撮影する際はあまり画質にこだわり過ぎないで、スマートフォンでも今では十分きれいに撮れますので、ぜひスマホを活用して動画を撮影することをやってみてください。

執筆者プロフィール

kaigaimarketing

中小企業の海外販路開拓の専門家。『日本の技術を支える中小企業に海外で活躍してほしい』を理念に海外に進出したい中小企業のサポートに力を入れている。これまでに東南アジア、ヨーロッパ、中東など47ヶ国で販路開拓の実績がある。全く海外販売実績のない企業も対象とし、状況や要望に合わせた施策を提案できる。企画から、販売店探し・交渉・販売店立ち上げ、そして、海外事業部を設立するまでをトータルにサポートしている。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『海外事業部のための動画活用術⑩ 撮影はスマホでも十分』の前後の投稿はこちら▼