【売れる販売店をみつける方法⑤】自社で定期的にセミナーを開催しているか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズでお伝えしております「売れる販売店をみつける方法」、今日は5つ目、今日が最終回になります。
最終回は自社で定期的にセミナーを開催しているのかどうか確認しましょうということです。

どうして展示会ではなくてセミナーなのかということなのですが、まずセミナーと展示会の特性の違いということを理解する必要があります。
展示会というのは、ある分野の展示会に対して出店をすることですから、その分野に関係する人がその展示会会場にいるかもしれませんが、あくまで待ちの姿勢であって

どんな人が来てくれるか分からないのです。

もちろん招待すれば招待した人は来てくれますけれども、なかなかその会場でゆっくり話をするということが、事前にアポを取れればいいですが、アポを取っている間にまた有力な人が来て、またそれですれ違いがあったり。
あるいはなかなかテーマを絞って話をするというのが難しいというのが展示会の特性ではあります。

一方でいろんな方が来てくれるので、予測しなかったようなビジネス機会があるというのがまた展示会の魅力ではあります。

セミナーというものはどういうものかというと、こちらからどんな人に来て欲しいか選ぶことができるわけです。
こういう人に来て欲しいということが選べますので、よりテーマを専門的に絞って行うことができるわけです。

自社の技術とか製品を紹介することができるようになりますので、より相手の課題に対して解決する提案ができるようになりますので、より成果につながりやすいということが、私自身も経験していることの1つになります。

ですから展示会よりも実際販売店と取引を始めようとするときに、まず1度セミナーをやってみましょうという提案をよくしています。
例えば販売店オフィシャル契約をする前に、「まず一緒にセミナーを開催してテストマーケティングをして、その結果に応じて販売店契約を正式に進めましょう。

そのセミナー中に売れたものはもちろん通常の販売店と同じように取引をします」というような覚書を交わしておいて、そのような形でセミナーを行うということをしています。

これを行うことによって、セミナーをすると必ずその会社の有力なお客さん、最低でも2、3社は連れてきてくれます。

そうするとその会社の実力もよく分かります。
お客さまとの関係もよく分かります。

そこで売れるかどうかという判断がつくのです。

とは言うものの普段からセミナーを行っていなければ、なかなか集客もうまくいかないわけです。
ですから私の経験値として、「売れる販売店をみつける方法」の5つ目として挙げさせていただいたのが今回お話しました、自社で定期的にセミナーを開催しているかどうかを1つの基準にしましょうということです。

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介しました、「売れる販売店をみつける5つの方法」、これにのっとって販売店を探していただければ、そんなに1つ1つは難しいお話ではなかったと思います。
非常にシンプルな方法ではあるのですが、この基準を持つだけで成果というものは大きく変わってきます。

販売店というのは、1度契約をしてしまうと簡単に解除するというわけにはいかないです。
例えば販売店契約をした会社に対して、あまり紳士的ではない方法で解除してしまうと、その業界全体であなたの会社のイメージが悪くなってしまうということがあります。

特に工業系のニッチな業界というのは世間が狭いですし、例えばヨーロッパ、東南アジアも同じですが、頻繁に転職をするので販売店にいた人がほかの会社に行ったりとか同業種に転職することは非常に多いのです。

1度その業界で印象が悪くなると、その中で悪いイメージを共有されてしまうことがあるのです。
「あの会社はああいうことをやる会社だぞ」といううわさを立てられてしまいますと非常にやりにくくなります。
また悪いうわさほど早く広がってしまいますので、販売店というのは簡単に切ることができません。

だからこそ慎重に選んでいく必要があるのです。

ただそのときに明確な基準を持っていないとなかなか判断がつかなくなってしまいますので、今回紹介しましたこの5つの基準。
これを最低限守っていただくだけで、まず大きな失敗をすることはありませんので、ぜひ参考にしていただいて、海外であなたの商品をがんがん売ってくれる販売店をみつけていただければと思います。

今回のお話は以上になります。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警告!これを読む前に「海外進出しよう」なんて考えちゃいけません

 なぜ多くの企業は海外進出がうまくいかないのか?
☑ なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか?
☑ 海外進出で成功するための手順とは…

その答えをレポートにまとめました。

【会員限定無料コンテンツ】中小企業が海外で成功するためのロードマップ

これを特別に無料でプレゼントします。

【期間限定】12月16日までにご登録いただいた方に限ります

図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*