【売れる販売店をみつける方法③】その販売店は補完関係にある商品を持っているか?

投稿日:

最終更新日:

海外販路の開拓

シリーズでお届けしております「売れる販売店をみつける方法」、今回はその3についてお話したいと思います。

その販売店が自分たちの商品と補完関係にある商品を持っているかということについてチェックしましょう、ということについてお話したいと思います。
補完関係というのはどういうことかといいますと、自社の商品とその商品があることによって相乗効果がもたらされるような、商品を持っているかどうかということなのです。

例えば具体的にどういうことかといいますと、製造ラインが分かりやすいかもしれません。

生産のラインがあります。自社の商品が生産ラインのこのAという段階にあって、その会社がBとCという次の段階の製品を持っていれば、よりラインナップが増えて相乗効果が生まれるわけです。

例えばほかにも事例をお話しますと、実際にありましたのがラボ、研究所で使うような製品で研究所でも材料検査をする順番があるのです。
そのときの順番で例えばすごく大掛かりなものというのは、私どもの製品と相性が悪かったのです。

ところがデスクトップのコンパクトなとある検査装置があるのですが、その製品と当時私が扱っていた製品とはすごく相性が良かったのです。

その2つが一台になることによって、検査の手順が大きく変わるということがいろいろ経験していくなかで分かっていったのです。
これは非常に強い補完関係にあるなということで、その商品を扱っている販売店をいろんな国で探しながら販売店交渉をするということを行ったことが過去にあります。
ほかにも補完関係にある製品というのは探せば結構見つかりますので、ぜひ諦めずに自社と組み合わせることによってどれだけ強くなるのか。

そういったことを探しながら、売れる販売店をみつけていっていただければと思います。
今日は「売れる販売店をみつける方法」その3、その販売店は補完関係にある商品を持っているか?、ということについてお話しさせていただきました。

執筆者プロフィール

kaigaimarketing

中小企業の海外販路開拓の専門家。『日本の技術を支える中小企業に海外で活躍してほしい』を理念に海外に進出したい中小企業のサポートに力を入れている。これまでに東南アジア、ヨーロッパ、中東など47ヶ国で販路開拓の実績がある。全く海外販売実績のない企業も対象とし、状況や要望に合わせた施策を提案できる。企画から、販売店探し・交渉・販売店立ち上げ、そして、海外事業部を設立するまでをトータルにサポートしている。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『【売れる販売店をみつける方法③】その販売店は補完関係にある商品を持っているか?』の前後の投稿はこちら▼