【売れる販売店をみつける方法②】有力なお客さんになりうる既存客を持っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズでお伝えしております「売れる販売店をみつける方法」、今回は2つ目をお伝えしたいと思います。

2つ目は有力なお客さんになりうる既存客を持っているのかどうかということを確認しましょうということです。
どんな販売店とお付き合いするにしても、自分たちが一番ターゲットとして狙いたいお客さまを持っている会社と取引をしなければ、なかなかそのお客さまにはたどり着けないわけです。

むしろ販売店の役割とは何なのだろうと考えたときに、本来自分たちが営業をする、しかしそこに対して物理的な距離があるので、自分たちの代わりに販売をしてもらうのが販売店であるわけです。

そうであるにもかかわらず、自分たちが狙いたいお客さまを持っていないのであれば、自分たちの代わりができないわけですから契約してもあまり意味がないわけです。
ですから自分たちの理想的なお客さま、有力なお客さまは誰なのか明確にしてそのお客さまをすでに既存客としている、つまり何か自社の製品を販売しているという状態の相手なのかどうかということを基準の1つとして持つということが、非常に重要なポイントになってきます。

そこを必ず抑えるようにしていただければと思います。

今回は「売れる販売店をみつける方法」2つ目。
有力なお客さんになりうる既存客を持っているのか必ず確認しましょう、ということについてお話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*