シンガポールで駐在員の家族をサポートする小野さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小野さん プロフィール写真

今回は、シンガポール在住の小野さんにインタビュー しました。小野さんは、シンガポールに移住してこられ た駐在員のご家族に対してコーチングを通してサポート を行っています。

深野:小野さん、今日はよ ろしくお願いいたします。

小野:はい。シンガポール 在住8年の小野と申します。 ライフデザインコーチとし て、「世界中どこにいてもや りたい」を叶えられる女性 を増やすために活動しています。
また、シンガポール にいるワーママ、これから働きたいママのためのコミュ ニティはたらくママ@シンガポールを運営しています。

深野:小野さんがそこに至ったきっかけや現在までの道 のりを教えてください。

小野:28歳のとき、当時お付き合いしていた男性から「シ ンガポールにある友達の会社にジョインしたい、行って もいい?」と言われたんです。結婚も考えていたので「覚 悟と確信と希望があるならいいよ(笑)」ということで、 シンガポールに行くことを決めました。2010年の3月 に彼が先に移住し、7月に入籍。私も12月からシンガ ポールでの生活をスタートさせました。
海外でも働いてみたかったのでシンガポールに来てか ら就職活動をしたのですが、私の当時の英語力は、日 常会話もギリギリのTOEIC300点という状態(笑)。

それでも何とか携帯電話の法人営業の仕事に就けたのです が、日本でやっていた仕事と比べてやりがいを感じず、「何のためにシンガポールに来たのか?」と、悶々とする日が続きました。

日本ではパートタイム型のニッチの人材派遣ビジネス の広報の仕事をやっていたんです。当時まだ珍しかった、女性の新しい働き方を提案する仕事で、専業主婦だった 方が再就職し、イキイキしている姿をたくさん見ることができました。やりがいや誇りを感じていたので、その ころの自分と比較してしまい、アイデンティティ・クラ イシスの1年半でした。

仕事でも自分一人でできることが増えるなど、少しず つ成長しているのに、過去の自分の姿と比較してしまい、 「成長・頑張り」を自分自身が認められなかったんです。

その経験から、同じような悩みを抱えている方にサポー トを提供するようになりました。 思い込みを良いものに書き換える、 目標をサポートする

深野:小野さんは具体的にどういったサポートをされて いるのでしょうか。

小野:具体的にはコーチングという手法になります。

人には大体0歳から6歳の間に、主に家庭環境で作 られた「思い込み」というものがあります。
その思い込みの中にも “良いもの” と “悪いもの” がありまして、 良いものの場合は問題ないのですが、例えば幼いころ家 庭でDVを受けていたりとかすると、子供は、「自分は そのままでいると愛されない存在だ」、と思いこむよう になるんですね。

DVはやや極端な例ではありますが、そうでなくても 親から兄弟間で比較されたこと、親が常に忙しくていつ も話を聞いてもらえなかったこと、そういったある時期 に起きた、子どもにとってはショックな出来事や思いか ら自分を制限してしまう「思い込み」が、知らず知らず のうちに作られることがあります。

「他人を優先しなければならない」や「自分は頑張る ことで価値がある(もしくは、頑張っていないと価値の ない存在だ)」といったようなものです。それがあるこ とで、自分がやりたいことに向かって真っすぐに進めな い、ということがあるんです。 私も過去にそういうものがあったので、その時精一杯 の自分の「成長・頑張り」を認める、ということができ なかったんです。  そういう人に対して、そこの悪い思い込みを良いもの に書き換える、ということをした上でその人の目標、本 当にやりたいことに向かってサポートする、ということ をしています。 深野:思い込みによって意識や行動を制限してしまうん ですね。具体的に皆さん、どんなことで悩んでいること が多いのでしょうか?

小野:もちろん悩みは人によってさまざまですが、例え ば、イライラすることが多くてつい子どもを感情的に叱 りつけてしまったり、旦那さんに対して言いたいことが あるんだけど、それが全然言えなかったりといったこと で悩んでいる方が多いですね。 あとは、自分のやりたいことが分からなくて、周りと比 べて「何で自分だけこうなんだろう」、というふうに落 ち込んでしまうというようなことがあります。

ただ話を聞き、 感謝を伝えることが大切

深野:そんなときに家族はどういうふうに対応したらい いんですか。

小野:そういうときは、奥さんの話を共感して聞いてあ げてください。奥さんの話に対して、男性は解決策を提 示してしまうことが多いんですが、それはほとんどの場合、逆効果ですね。

奥さんが求めていることってほぼ共 感・承認なんです。
答えが欲しいとか、解決してほしい わけじゃないんです。

だからまず「それを解決したいの?」っていう質問を 投げてみてください。「いや、そうじゃない」というこ とが多分返ってくると思うので、そのときは「そうだね、 大変だったね、頑張っているね」とただ共感するだけで 奥さんは喜んでくれると思いますよ。

そして、感謝を伝えることですね。本当に小さいこと で良いと思います。例えば「毎日、家事や子育てを頑張っ てくれてありがとう」、あとは出かけるときに一言で良 いので「今日も子どものことよろしく、ありがとうね。」 と言うとか、本当にその一言で救われることって本当に 大きいんですよ。

「ありがとう」と「よろしくね」の5文字の言葉で奥さ んは頑張れることは、すごくあると思います。

深野:なるほど。小野さんは今後、コーチングでどのよ うな方へのサポートを増やしていきたいですか。

小野:私の周りには、ご主人の駐在に帯同するために、 ご自身のキャリアの計画を立てられない人が多いんで す。私はどこにいても本当に自分のありのまま、ポジティ ブな部分もネガティブな部分も受け入れる自分になって 楽になれる、その上でやりたいことに向かえる、そうい う女性をたくさん増やしたいと思っています。

あとは自分がやりたいことが見つかっているんだけど どう行動していいか分からないとか、モチベーションが うまく保てない、そういう方々もサポートしたいなと思います。

深野:小野さん、ありがとうございます。  私は海外への駐在は経験したことはありませんが、出 張ベースで年間130日ほど海外出張していた時期があ りました。最も忙しい時期は、3週間ヨーロッパに滞在 し、5日間だけ帰国した後にまた3週間ヨーロッパへ出 張に行くということもありました。そういった時期は実 際、家族との関係維持を難しく感じたこともあります。

このブログを読んでおられる方は経営者の方 も多いですが、これから社員を海外へ頻繁に出張させた り、海外へ駐在させたりすることもあると思います。

その場合、本人はもちろん、ご家族へのサポートもとても 重要であることが、小野さんのお話からわかりました。

IMG_0112

小野さんのサービスはオンラインでもサポートが受けら れます。詳しくはブログをご確認ください。
⇒ <ブログ> シンガポールで【はたらく×子育て】 https://ameblo.jp/makico0414

【Profile】小野麻紀子 ライフデザインコーチ/世界一周後、シンガポール在住 8年/キャリアコンサルタント・ワーママコミュニティ 代表として1,000名の仕事・子育ての相談経験を元に コーチの道へ。/はたらくママ@シンガポール代表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警告!これを読む前に「海外進出しよう」なんて考えちゃいけません

 なぜ多くの企業は海外進出がうまくいかないのか?
☑ なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか?
☑ 海外進出で成功するための手順とは…

その答えをレポートにまとめました。

【会員限定無料コンテンツ】中小企業が海外で成功するためのロードマップ

これを特別に無料でプレゼントします。

【期間限定】12月16日までにご登録いただいた方に限ります

図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. はやかわ より:

    関西でもセミナーをお願いします

    1. 深野 裕之 より:

      ありがとうございます。来年、関西でのセミナーを予定しております。

コメントを残す

*