輸出ビジネス最後の大仕事 – B/Lの役割と代金回収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
c507940d3e949fb30d1ee5e171c0763f_s

貨物を積んだ船が無事出港したら、最終ステップは代金回収です。船会社が発行するB/L(船荷証券)が届いたら、まずは輸入者に船積み完了の連絡(=Shipping Advice)を入れます。
それでは、B/Lの役割と代金回収流れを代金決済別に説明して行きます。

【B/Lの役割】

船会社は、貨物の船積みを確認して受領証を発行します。その受領証がB/Lです。B/Lの性質として、

① 貨物の受領証
② 運送契約の証拠
③ 貨物の引渡証
④ 流通性のある有価証券
の4つが挙げられ、船会社は通常B/L原本(Original)を3部発行します(いずれも同じ効力を有する)。輸入者が貨物を引取る時は引渡証として、輸出者がL/C決済で銀行に買取を依頼する時は有価証券としての役割を果たす、非常に重要な書類となります。

【代金回収: T/T送金編】

船積み完了の証拠としてインボイス、パッキングリスト、B/Lのコピー一式を輸入者に送り、残金の支払いを依頼します。B/L原本は輸入者が貨物を引取るための引換証であるため、売買契約の内容にもよりますが、貨物代金の入金確認後に輸入者に渡すのが一般的です。
入金が確認できたら:

① B/L 原本を輸入者へ発送する
必ず書留か貨物追跡ができる方法(EMSや国際宅急便等)で発送すること。また、配送中に紛失の恐れがあるので数回に分けて送りましょう。 ※ 輸入者が貨物を引取るにはB/L原本1部で事足ります。

② 輸出者がB/L原本を船会社に戻す(これを「元地回収」または「サレンダー」と言います)
B/Lが元地回収またはサレンダー扱いになると、輸入者はB/L原本がなくても貨物を引取ることが可能になります。

上記いずれかの方法で、輸入者が貨物を引取れるように手配します。昨今では、運送のスピードが増し、特に近隣のアジア諸国への輸出ではB/Lの送付よりも貨物の方が先に仕向地に到着することがあるため、②の方法を取ることが多くなっています。

但し、L/C決済の場合は通常フルセット(全て)のB/L原本の提出を要求されるため、誤ってB/L原本を輸入者に送ったり、船会社に戻してサレンダー扱いにすることのないよう注意して下さい。

【代金回収: L/C決済編】

L/C決済の場合は、L/C開設銀行と買取銀行の間で金銭のやり取りをする流れになるので、代金回収に必要な書類の提出先は買取銀行となります。B/L原本入手後は速やかにL/Cに要求された条件通りに必要な船積書類を整えて、荷為替手形を作成し買取銀行に提出します。通常、L/C上で「B/L発行日より○○日以内に銀行に書類を提出のこと」と記載があるのでよく注意して下さい。

● 買取に必要な書類:

① 買取依頼書(買取銀行から書式を入手)
② 荷為替手形(Bill of Exchange)
輸出者が買取(代金の回収)を行うときに作成する為替手形です。
こちらも通常、買取銀行が書式を用意しています。
記入方法等も丁寧に教えてくれます。
③ L/C原本
④ 船積書類
・インボイス
・パッキングリスト
・B/L原本(通常、全ての原本)

それ以外にも、
・保険証券(CIFの場合)
・原産地証明書(=Certificate of Origin)
貨物の国籍を証明する公的な書類で、日本では商工会議所で発給を受けます。 外国の輸入者が輸入通関手続きを行う際に税関に提出し、関税率の確認や貿易管理の目的に利用されます。
・検査査証明書
貨物の品質が契約通りに船積みされたことを証明する書類。検査証明書の発行者を誰にするのか(1.第三者機関、2.輸出者、3.輸入者)、検査内容等を事前に輸入者と協議する必要があります。
等があります。買取に必要な書類の種類や必要枚数はL/Cの要求に従って準備します。

● ディスクレ(条件の不一致)

L/C決済の原則として、輸入者の依頼で開設されたL/Cの内容や条件と輸出者が買取銀行に提出する書類の内容が完全に一致していなければなりません。輸出者が提出した荷為替手形や書類の記載事項が、L/Cに記載された条件(商品の金額や数量、船積期限など)と相違がある状態をディスクレと呼びます。ディスクレがあるとL/C開設銀行や輸入者は支払いを拒絶することができるのです。そのため、ディスクレがあると買取銀行が書類の買取に応じてくれません。万一、L/Cに記載された船積期限に間に合わない、L/Cの有効期限を延長して欲しい、数量や金額に差異があった等の場合は、L/C条件を変更する必要があります(これを「アメンド(修正)」と呼びます)。L/Cをアメンドするには、まず輸入者に連絡をして了承を得て、輸入者からL/C開設銀行にアメンドの依頼をして貰う必要があります。L/C開設銀行と輸入者の買取銀行を経由して輸出者にアメンドの通知が届くまで1週間ほど要します。

● L/Cの銀行「買取」と銀行「取立」の違い

買取銀行はL/Cで求めている条件と、輸出者が持ち込んだ書類が合致していればその書類と引換に、荷為替手形に記載された額面金額を輸出者に支払うことになります。ここで注意したいのは、輸出者への支払いには2種類あるということです。

①「買取(Discount)」
輸入者が代金決済を行う前に、輸出者が買取銀行から輸出代金を受け取れる方法です。つまり、割引料(Discount)を銀行へ払って手形の現金化を急ぐものです。

②「取立(Collection)」
輸入者が代金決済した後、L/C開設銀行⇒買取銀行に着金してから輸出者が代金を受け取れる方法です。少々時間が掛かりますが、余分な費用は抑えられます。

輸出代金を無事に回収できてはじめて、一連の輸出業務が完了したと言えます。
市場調査から代金回収まで実に長く複雑な道のりでしたが、各分野での専門家やプロフェッショナルを上手く活用し、また協力を仰ぎながら業務の効率化を図ることも十分可能です。

優れた日本の製品やサービスが1つでも多く海外市場に進出し、1人でも多くの方の暮らしを豊かにする。そんな大きな夢を抱きながら、中小企業の皆様には是非とも輸出ビジネスにチャレンジして頂きたいと願っております。

おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*