輸出手続き&フォワーダーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4b05feacf095bce4492291457b602f54_s

売買契約書を締結して、L/C開設の通知を受け(または、T/T送金にてデポジット入金確認後)、いよいよ貨物出荷の準備です。
取引条件がEx-Works(工場渡し条件)の場合は、工場で貨物を引渡してからの全てのリスクやコストは輸入者側に移転するため、基本的には工場から先の輸送手配は輸入者が行うことになります。ただ、実際の貿易実務では取引条件がEx-Worksであっても輸入者の依頼により輸出者が代行して日本国内の輸送・通関を手配することが多くあります(勿論、費用は輸入者負担です)。貿易ビジネス・ビギナーにとって、いきなり船会社に直接連絡して船腹の予約、保険の手配、複雑な輸出通関等を自力で行うのはまず不可能です。また、大手商社とて自社で通関業務を行うところなど殆どありません。では、誰がその一連の業務を請負うのか…そこで協力してくれるのが、フォワーダーもしくは乙仲(「おつなか」と読みます)と呼ばれる国際輸送業務を一貫して引き受けてくれる業者さんです。

【フォワーダーの選定】

貿易ビジネスは、まずパートナーとなるフォワーダー(もしくは乙仲)を選定するところから始まります。フォワーダーは昔から貿易業に携わってきた港湾運送事業者や倉庫事業者が多く、インターネットで検索するだけでも大小沢山のフォワーダーを見つけることができます。フォワーダーは、自動車輸送を得意とするところや青果、農作物、重機、化学品、繊維など、各社がある程度得意分野を持っています。また、ヨーロッパには強いけど中国が弱かったり、アジアに集中してターゲットを絞っていたりと、地域によっても得意・不得意があります。力を入れている地域には現地に拠点を幾つか置いているので、ウェブサイトの会社概要などで海外拠点を事前に調べると良いですね。

先ずはフォワーダー数社にコンタクトを取り、話しを聞いてみましょう。現在取扱いが多い貨物や得意先のこと、海外の拠点、よく使う船会社、運送や倉庫のことなどをヒアリングし、自社の求める条件にマッチしたサービスを提供してくれそうであれば、費用の見積を依頼します。基本的には、輸出申告費用はどの会社も一律ですが、取扱料や荷役が発生した際の作業費、税関検査にまつわる費用、その他申請や届出の費用、海上輸送費(CFRやCIFの場合)などは各社異なりますので、必ず数社から相見積もりを取ることをお勧めします。

また、ビジネスの拡大に伴ってコンテナ単位での取引となる場合、自社でコンテナ詰め作業(「バンニング」と言います)ができる環境を即座に整えることは難しいと思います。大抵、フォワーダーがバンニングも請負ってくれるので、将来的にコンテナ単位の取引になる可能性がある場合は、バンニングの見積りも併せて取っておくことをお勧めします。
ちなみに、ある程度の規模のフォワーダーであれば、海上貨物輸送だけではなく航空貨物輸送(エアー便)も取扱っているので(当然、部署は異なりますが…)、空輸も併用する場合は同じ会社に業務を一任した方が色々と手間が省けて便利です。

フォワーダーは国際輸送のプロフェッショナルであり、船の予約から出港までの段取り、通関に必要な書類の提出期限など、輸出手続きに関して事細かに教えてくれます。海外ビジネスをする上で切っても切れない大事なパートナーとなりますので、信頼できる優秀なフォワーダーを最初にしっかり選定しましょう。

【船腹予約(ブッキング)】

フォワーダーを通して、船会社に貨物の運送依頼の予約をします。この時の注意点として、

① 輸入者との契約で定められた納期、またはL/C(信用状)で指定された船積み期限に間に合う船を手配する必要があるため、いつまでに仕出地を出港する船(もしくは仕向地に入港する船)かを明確に伝える

② コンテナ輸送(FCL)か混載輸送(LCL)か、貨物の数量、容積、重量を伝える

③ 寄港地が少なく仕向地に早く到着する船を選ぶ。航路によっては、寄港地が多かったりトランシップ(途中港で他の船舶に積替え)が必要だったり、仕向地到着までに相当時間を要するものもあるので要注意です。

【輸出に必要な書類の準備】

まず、貨物を出荷するにあたり以下の書類を作成します。

① Invoice(送り状)
輸出者名、輸入者名、本船名、出港日、仕出地(港)、仕向地(港)、商品名、数量、単価、総額、取引条件、支払方法、シッピングマーク(荷印)などを記載

② Packing List(梱包明細書)
貨物の梱包形態、個数、包装後の重量(貨物重量:Net Weightと総重量: Gross Weight)容積、荷印などを記載

③ Shipping Instruction(船積指図書)
輸出者がB/Lの記載内容を運送人に指示する書類です。L/C決済の場合は、L/Cで要求された内容に従って作成する必要があります。とは言え、ビギナーがいきなりL/Cの内容を読み解き、正確に指示を出せるかと言うと正直難しいと思います。書類に不備があるとL/Cの銀行買取に応じてもらえない場合があるので、ここはちょっとフォワーダーに甘えて、L/Cを一度フォワーダーに見てもらい、Shipping InstructionとL/Cの内容に不一致がないか確認してもらいましょう。

【いよいよ輸出貨物の出荷】

船腹の予約が完了し、輸出通関書類を作成すると、いよいよ貨物の出荷です。フォワーダーの指示に従い、指定された保税倉庫へ貨物を搬入します。税関への輸出申告は保税倉庫に貨物搬入後に行われます。そしてここからの複雑な輸出通関手続きは全てフォワーダーに丸投げです。もし貨物に保険を掛ける必要がある場合は、フォワーダーに依頼すれば保険の手配もして貰えます。
輸出許可が降りると税関から輸出許可書が発行され、船積みが完了すると船会社からB/L(船荷証券)が発行されます。これらの書類は、後日フォワーダー経由で輸出者に届けられます。

いかがでしたか? フォワーダーというパートナーを活用することで、輸出手続きはグッと簡単になります。無事に貨物が出港したら、残るステップは代金回収のみとなります。取引完了まであと少しです。

次回は輸出ビジネス最後の大仕事 – B/Lの役割と代金回収について解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警告!これを読む前に「海外進出しよう」なんて考えちゃいけません

 なぜ多くの企業は海外進出がうまくいかないのか?
☑ なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか?
☑ 海外進出で成功するための手順とは…

その答えをレポートにまとめました。

【会員限定無料コンテンツ】中小企業が海外で成功するためのロードマップ

これを特別に無料でプレゼントします。

【期間限定】11月20日までにご登録いただいた方に限ります

図3

名前とメールアドレスを登録するだけで簡単に手続きができます。
*もし登録してから違うと思ったらワンクリックで簡単に配信停止できるようになっています。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*